Access Counter
since 1998/06/05

更新情報
●もう刀剣女子なるファン層は下火になったのでしょうか。最近は博物館にも出向かないからわかりません。御刀は購入して、持って抜いて拭って光点にかざして刃紋を楽しんだり、腕を突っ張って御姿を拝見したり、手元に引き寄せ、左手にふくさで支えて地肌を観たりしないと刀好きとは言えんです。何度も何度も刀袋から出し入れしているから、各所にほころびが生じて妻に繕ってもらってます。7/23
-----------------------------------------------
「御刀を鑑賞して」…【公鍳兼光】7/23
御刀は柄を握ることの充実感、生命に直結する緊張感も醍醐味の一つだ。
【元和・吉辰・義辰】7/23
詰んで細かい地景が絡み合い、地錵が細かく集まったような棟焼きが続き、本当の意味の地錵が諸処に観られる。鋭いが穏やかな名短刀。

東洋書院(出版元)における拙著『江戸の日本刀』の紹介ページ です。

伊藤のブログ「観楽読楽」(本の話題の方が多いです)

寝床での鉄鐔愛玩日記」(7/26更新、金山・松皮菱透かし:購入時の思い出)

刀装具の楽しみ記」(7/25更新、一宮長常・筍図目貫:金の使用に見る長常の円熟・自信)