Access Counter
since 1998/06/05

更新情報
東京国立博物館のミュージアムシアターで、500円と有料だが「VR刀剣」として三日月宗近と岡田切吉房を紹介している。岡田切の華やかな刃文は見えるが、地鉄は無理である。妻に見せる為に入館したが、大半は眠っていたと。
このサイトに来てくださる方には必要のないものだが、新しい刀剣愛好家を育てる為の試みは大事である。9/12
-----------------------------------------------
「御刀を鑑賞して」…公鍳兼光9/8
先日、刀剣に知識が無い友人と話すと「名刀には映りというものが出て、それを出すことに成功した現代刀匠のことをテレビを見た」と話す。刀の知識の無い人と話すのは煩わしく疲れるものだが、映りは”出す”ものではなく、”出る”ものだと思う。そしてこの御刀のように鮮明に。

東洋書院(出版元)における私の本の紹介ページ です。

伊藤のブログ「観楽読楽」(本の話題の方が多いです)

寝床での鉄鐔愛玩日記」(9/15更新、赤坂初二代・「四方松皮菱透かし」:この鐔もスケールの大きさを)

刀装具の楽しみ記」(7/16更新、無銘・笹売り目貫:笹竹がしなり過ぎだが)